スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬の十戒

イヌの十戒

1.My life is likely to last ten to fifteen years. Any separation from you will be painful for me. Remember that before you get alone with me.
私の一生はだいたい10年から15年。あなたと離れるのが一番つらいことです。どうか、私と暮らす前にそのことを覚えておいて欲しい。

2.Give me time to understand what you want of me.
あなたが私に何を求めているのか、私がそれを理解するまで待って欲しい。

3.Place your trust in me- it's crucial to my Well-being.
私を信頼して欲しい、それが私の幸せなのだから。

4.Don't be angry at me for long and don't lock me up as punishment. You have your work, your entertainment and your friends. I have only you.
私を長い間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで欲しい。あなたには他にやる事があって、楽しみがあって、友達もいるかもしれない。でも、私にはあなたしかいないから。

5.Talk to me. Even if I don't understand your words, I understand your voice when it's speaking to me.
話しかけて欲しい。言葉は分からなくても、あなたの声は届いているから。

6.Be aware that however you treat me, I'll never forget it.
あなたがどんな風に私に接したか、私はそれを全て覚えていることを知って欲しい。

7.Remember before you hit me that l have teeth that could easily crush the bones of your hand but that I choose not to bite you.
私を殴ったり、いじめたりする前に覚えておいて欲しい。私は鋭い歯であなたを傷つけることができるにもかかわらず、あなたを傷つけないと決めていることを。

8.Before you scold me for being uncooperative, obstinate, or lazy, ask yourself if something might be bothering me. Perhaps I'm not getting the right food or I've been out in the sun too long or my heart is getting old and weak.
私が言うことを聞かないだとか、頑固だとか、怠けているからといって叱る前に、私が何かで苦しんでいないか考えて欲しい。もしかしたら、食事に問題があるかもしれないし、長い間日に照らされているかもしれない。それか、もう体が老いて、弱ってきているのかもしれないと。

9.Take care of me when I get old ; you, too, will grow old.
私が年を取っても、私の世話をして欲しい。あなたもまた同じように年を取るのだから。

10.Go with me on difficult journeys. Never say, "I can't bear to watch it ." or " Let it happen in my absence." Everything is easier for me if you are there. Remember I love you.
最後のその時まで一緒にいて欲しい。言わないで欲しい、「もう見てはいられない。」、「私ここにいたくない。」などと。あなたが隣にいてくれることが私を幸せにするのだから。忘れないで下さい、私はあなたを愛しています。

wikipediaより引用。

長年イヌを飼っていると至極当たり前のように思えて、でもちゃんと出来ているかと反省させられる詩です。

映画化もされていたようですが、私は全然知りませんでした。日本はアニメと動物映画しか流行らないらしいのでこの手の映画がたくさん有りすぎます。そんなのに埋もれてスルーしちゃったんだと思います。
書籍化もしているようですね。
個人的には犬を飼っている人にとってはこの詩を読むだけで自分なりのストーリーが浮かぶと思うので、取って付けたストーリーやイラストなんて必要ないと思いますけど。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

どーも!靴屋さん 

飼い主として解っていたい事ですね









No title

子供の頃はずっと犬と暮らしていたので、
ちょっとほろっときてしまいます。

No title

かーたんさん>
犬を流行で飼う人以外はきっと分かっている事だと思います。
でも明記されるとちゃんとしているかちょっと不安になったりします。だけどその人の犬を見ればちゃんとやっているかすぐに分かりますよね。

YHさん>
そう感じていただけることがその犬との絆の深さだと思います。
良い関係を築いていたんですね。


飼い主も、いずれ飼い主になる方にも心に留めて欲しい。こんな風に言葉にすることで大切な関係を確認し合えるはずだから。
プロフィール

靴屋

  • Author:靴屋
  • 生息地:関東の中央部
    年齢 :秘密
    趣味 :バイク弄り・パソコン弄り・野宿
カテゴリー
最近のコメント
過去ログ
4コマ漫画

ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。