スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YACCO

2stバイク乗りとしてはエンジンオイルには気を遣う。
といってもノンブランドの安いオイルを使わないようにする位で、替えたとしてもそんなに極端にフィールが変わった覚えも実は無い。

MVX5002T1[1]

YACCOにしたのも懇意にしてもらっている万和商事の1496氏がいつも薦めてくれているからというのが正直な所でした。
1ヶ月前から使い始めても、確かにオーバーレブ特性も良くなったし、トルク感は変わらないし、タールも少なくなってと良いこと尽くめのように感じました。
しかし季節の変わり目でもありますから正直いってオイルの差だけなんだか断言出来ない部分もありました。

そこで先週の日曜にウイリー松浦さんの谷田部コースで比較をしてみました。

まずは今までのオイル。大阪のモトクロスチャンピオンが興したお店で輸入している大手のオイルメーカーです。
特に悪いことも無く、このままのセッティングだとこの季節は少し濃いめなのかも知れません。2速で吹けきる時にがさついてアクセルを開けるのを躊躇います。もっとも肌寒い季節の時とあまり印象は変わりませんが。
それ以外は可もなく不可もなく。

次にYACCOのMVX500 2Tに入れ替えます。出来る限りガソリンを抜ききって新たに作っておいた混合ガスを入れます。
キャブ内のガスは抜かなかったので数周様子を見てから先ほどと同じペース(悲しいかな限界走行)で走ると、明らかにオーバーレブ特性がマイルドで短い直線で先ほどは吹けきってしまっていたのが今度はまだ伸びます。
結果的にシフトアップをしないでも走れるのでコーナーに集中出来ました。

ちなみに谷田部は「4stだとオートマみたいにシフトチェンジしないでも走れちゃうんだよね」と友人が言うほどですが、2stは結構頻繁にシフトチェンジが必要なところです。

先ほどは濃すぎたと感じたジェッティングも不具合を感じず、排気煙も少なくてとても好印象です。
燃焼温度が低いそうなので私のように開けきれないライダーでもタールも少な目ですし、細かな開閉が多いエンデューロには最適じゃ無いでしょうか。
潤滑性能に関しては最終的にはもう少し使ってから評価したいと思いますが、トルク感などから考えるとシール性も高そうなので心配は無いでしょう。

しかし段々言い訳が出来なくなってきました。(--;)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

靴屋

  • Author:靴屋
  • 生息地:関東の中央部
    年齢 :秘密
    趣味 :バイク弄り・パソコン弄り・野宿
カテゴリー
最近のコメント
過去ログ
4コマ漫画

ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。