スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱりこれは禁止すべきだなぁ。

デビュー時からいつかこんな故障が起きるんじゃ無いかと心配していたけど、とうとうやっちゃったようです。

ハンガロリンクのピット出口でハイドフェルドのルノーが炎上。
出火位置などから排気管のトラブルが直接の原因じゃないかと思います。

そもそも前方排気で暖かい空気をマシン下面に流して流速を高めてダウンフォースを得るというアイデア自体は素晴らしいのですが、限られたスペースで排気管を前方に廻す事に無理があったような気がします。

ピットですでに変な煙が出ていたので本当だったら止めて消火するなりチェックするべきだったんですが、最近は給油もないしタイヤ交換に3秒ほどとか信じられないほど忙しいピット作業なので無理からぬところでしょうか。

それにしてもハイドフェルドが火だるまにならなくて良かった。



ブロウンディフューザーは来年完全廃止になるのでルノーのようなレイアウトはこれ限りでしょう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

靴屋

  • Author:靴屋
  • 生息地:関東の中央部
    年齢 :秘密
    趣味 :バイク弄り・パソコン弄り・野宿
カテゴリー
最近のコメント
過去ログ
4コマ漫画

ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。